食を通してNYライフをご紹介☆


by nymirrorball
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

元気な活きた蟹、ブルークラブのケーチャン

元気な活きた蟹、ブルークラブのケーチャン(Gae Jang)
(韓国風ブルークラブのしょう油漬け)
d0100880_22441842.jpg
d0100880_22451633.jpg


大好きなケーチャンは一品料理としてもオーダーできる32丁目の店で
白い御飯にのっけてかぶりついている時があります。普段は韓国料理店で
出てくる10種類くらいの付け合せの中に時々出てきます。
言わないと出さないのが多いですが・・。

先日、さいまき海老の老酒漬けを作ってから味の似ているケーチャンに
チャレンジしたくなり、いろんな店で食べまくりました。やっと何とか
似て来ましたのでレシピをまとめて見ました。本当はこの中に老酒を
入れたいのですが、実際のには入ってないので入れていません。

Flushing で蟹を買いましたが、勿論活きています。が、安いですね。
1ダースで9ドル95セント、もう一種類安く1ダース7ドル95セント、のがあり、
店員に違いを聞くとサイズの違いだと言うけど?で、高い方は全部メスで卵持ちでした。
当分毎週末作りそうです。とても簡単で、でも、卵あるほうが美味しいですよ。

【材料】
蟹(ブルークラブ)を1ダース(11/2ポンド)
合わせ醤油の内容
2カップのだし汁(煮干と昆布を20分位にる。完全に冷まして使う事)
2カップの醤油、2片のニンニクを刻む、親指サイズの土生姜皮をむいて微塵きり、ネギ二本を青い所は1インチ幅に白い所はそれを縦割りに切る。
大4の赤唐辛子の粉、大4の砂糖、4~5本の赤唐辛子を種を外して縦きりにする。

【作り方】
1.蟹は生きているのを買い、良く洗いよく拭いて乾かし、4つに切る。
十文字に切ると言うか、それぞれに足の付け根がつくように。足を捨てる。
手は包丁の背で叩いて割れ目を入れると食べやすい。
(蟹が小さい時は縦半分にする。一匹で2個にする。)
2.24時間、上記の合わせ醤油に漬けて冷蔵庫におく。時々混ぜる。
3.すぐ食べる人もいるので、好みの漬け具合を半日ごとに食べてみる
のも良いでしょう。

d0100880_22461795.jpg
d0100880_22464131.jpg
d0100880_2247884.jpg
d0100880_22472720.jpg


やはり、24時間以上たったほうが味が滲みてコクが良く、
家族の評判が上々でした。
[PR]
by nymirrorball | 2007-03-08 22:59 | おうち中華レシピ