人気ブログランキング |

食を通してNYライフをご紹介☆


by nymirrorball
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

花にもドリンクを1杯

昨年の秋にサンルームに入れて大事に育てていたハイビスカスの
大鉢をふと見ると、びっしり、花の蕾が付いていて感激しました。
(ホントに大きく私の胸近くまであります。)
d0100880_5234793.jpg

2~3日中に花が開くのはこの1個だけですが、
早速栄養ドリンクを飲ませなくちゃ。
珍しいオレンジ色の花が咲くので気に入っているのです。
d0100880_5243192.jpg

ドリンクの色はこの位が効き目良いようです。
2週間に一度あげるのですが、冬場は月一度、我流です。
プロ的に育てるのが、アフリカンバイオレットです。葉から鉢を増やします。
ひどい時には何十鉢にもなり、養子に出します。30年やっていますからねぇ。
葉を見るだけで健康状態がわかります。
食事をしていても目が葉っぱを追っています。
d0100880_525720.jpg

ブーゲンビリヤーは3鉢、サンルームの中で冬中咲いています。
大きなベゴニヤ種は24鉢を越冬を試み育てましたが、
もう二度としません。7鉢生存だけで、水が少なくても、多くても枯れるは、
花も葉っぱもポロポロ落ちて回りは汚れるは、大変と言う以上に苦労しました。
4月末に庭に植えたらもうそのままにします。
d0100880_525576.jpg

もう一つ気に入っているのは中々入手できない秋海棠、ベゴニア科
ですが背丈が私の腰あたりまであり、これも探して探してやっと
見つけたものです。友人のブログ、清里の八ヶ岳ではそのまま、
外で越冬して春まで大丈夫なのをNYは緯度が北過ぎるのを分って
いて試したくて、11月半ばまで外に置き、やはり、サンルームに入れました。
花は地味ですが風情のある鉢です。
d0100880_5264544.jpg

ロングアイランドに住んでいる理由の一つに車で10分以内の園芸、苗木園が
10ヵ所はあること、行きつけの店は20ヶ所以上はあるでしょう。
それぞれオーナーの志向で置いているものに個性があり、飽きません。
春から秋まで週末は車で種苗園を回っています。

お天気が良いので庭を調べると、牡丹の木(peony tree)が
芽を出している所でこれは一月くらい遅い気がします。
とても大事にしているのに、5本のうち1本が危なげです。
やはり、冬は藁で包んであげたほうが良いのかも......

この子達は三つ葉のベビーです。
d0100880_1155776.jpg

ハーブ畑は三つ葉が芽を出していました。オレガノも少し、
水仙は背丈10センチ、花菖蒲は5センチ、菖蒲も3センチ、
やはり今年は遅いですね。茗荷はまったく土の中、
リスたちがお腹をすかしているのかもの凄い早口で芝生から
何かを食べていました。
ライラックも桜、ボケもまだまだ・・。
NYは木蓮、連翹が春一番ですね。
それと、ある日突然ラッパ水仙がたわわに咲きます。

今年は庭に咲く花すべてカメラに収めてみようと決めました。
by nymirrorball | 2007-03-26 02:57 | ロングアイランド