人気ブログランキング |

食を通してNYライフをご紹介☆


by nymirrorball
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

異国巡り‐‐‐第9弾‐‐‐イギリス

d0100880_21492269.jpg


又もや六番街の50丁目から地下鉄のFラインに乗り、8分南下すると、
West Villageの中心、 W4 St.の駅に着き、地上に上がってくると目の前に
いつかは住もうかなと思っている、アパートのビルが聳え立っていました。
d0100880_21502094.jpg


West Village と、言うとそれは、ニューヨーク大学がヴィレッジにあるという感覚、
そして世界で最も有名な作家の何人かの家であった地域,、ヘンリージェームス、
イーディスウォートン、アランポー、マークトウェイン、ウォールトホイットマン、
ユージンオニール、ノーマンロックウェル、ジャクソンポロック、マークロスコ、
ウィレムデクーニングとBeatライタージャックケルアックと
ローレンスファーリンゲティを含むアーティストを生み出した街。と、
マンハッタンで一番イギリスを感じさせる街、West Village 
イギリスを感じながらイギリスの匂いを伝って歩きます。

d0100880_21515995.jpg

Sheridan Square で、異国探求に付き合ってくれる相棒のひーちゃんを待っていると、

d0100880_21545346.jpg

目の前を保育園のお散歩チームが3才児の手を握り合い歩いて通り、
チームの髪の毛を見てああ、イギリス!と、思いました。

二人揃ったとこで、Christopher St.を西にハドソン河に向かって歩きはじめました。

この街に来ると必ず訪れる1895年創業のTEA Shop日本に帰るお土産によろこばれます。
d0100880_21554861.jpg

d0100880_2224086.jpg

世界中からの各種のTEA、日本のお茶も4種類ありました。
d0100880_223151.jpg

時代物の茶箱(1920年製)は開店当初の物と、3代目の主人の説明です。
d0100880_2233984.jpg


d0100880_228453.jpg

隣の教会は孫娘の名前で、思わず写真と番犬の犬も可愛らしく見えました。
d0100880_2255268.jpg


イギリス風なおしゃれな店が、ショップやカフェーが河近くまで連なっています。
d0100880_22122726.jpg

これは、不動産屋さんのショーうケース、リストが洗濯バサミで挟んであり、
前にベンチがあります。

d0100880_2213151.jpg

d0100880_22225833.jpg


Greenwich St.を右折して、14St.まで上り、右に曲がり、次はBleecker St.を
下って、歴史ある閑静な高級住宅地、レンガ造りのアパートの群れ、
d0100880_22262458.jpg

平均的に4,5階建ての街なので空がとても広く感じるし、ハドソン河の
傍なので風が良く流れ、街の空気が美味しそうです。

Bleecker St.がとても近代的なファッションの道になってきているので驚きました。
ラルフローレン、とか・・・。
d0100880_22153530.jpg

有名なカップケーキ店マグノリアもこの傍で店内に入ると、イギリスアクセント、
d0100880_22253095.jpg

ここから右に折れGreenwich Ave.にはいると、ロンドンの下町のような一角があり、今日、ランチに目指している有名なFish & Chips があります。

                     つづく...

こちらをクリックすると異国巡り@ニューヨーク
ニューヨークの異国巡りをまとめてあります。
by nymirrorball | 2007-06-02 21:19 | NY異国巡り