人気ブログランキング |

食を通してNYライフをご紹介☆


by nymirrorball
カレンダー

<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

B級グルメの王様

クインーズ区にあるこのお店のGYROサンドウィチは思わず
B級グルメのキングと名付けてしまった位おいしいです。

まず作り方が本格派で肉がとてもジュィーシーで柔らかく
たっぷり肉が入っていて、旨くて、安のです。
アストリアにもGYROの専門店が(30th Ave.の高架下西側)ありますが、
この店のほうが量、味、共にそれの上を行きます。
Northern Blvd.と Francis Lewis Blvd. 交差点に店があります。

d0100880_9273812.jpg


20年来のお付き合いです。(1個$5.25税込み)
GYRO (yee-roh) ジャイロ(yee-roh) - はギリシアの代表的サンドイッチで、
このギリシアのジャイロは、よく練った子羊またはラムと牛肉の合挽きは
大きいシリンダーから肉を切って練って製造されます。

この肉は、ゆっくり回転する垂直唾にあります、その為ゆっくりと回転しつつ
表面が焼かれています。ジャイロスコープの循環が回っている
運動を意味して、名前はジャイロ。

サンドイッチが注文されると、シェフは、鉄板またはグリルで
ピタブレードを両面焼いて片手にもちその中に直接、
暖かい肉の帯をスライスして切り取り、その中に挟んでいきます。

d0100880_9283252.jpg


その後のピタブレードの中にオニオン、レタスとトマトを入れヨーグルトを掛けてくるんで
包んだ形で肉を突出させた、美味しそうな形で渡されます。

d0100880_9291559.jpg


ジャイロは、多分、最もしばしば発音を誤られる食物名であるでしょう。
そのファンさえ、通常正しくはっきりした呼び方を知らないでしょう。
それが「jee-rohs」、「jai-rohs」、「gee-rohs」として発音を
誤られてるかどうかに関係なく、正しいギリシアの発音は「yee-rohs」です。
私なんてもっとひどくジロー(次郎)と呼んでいます。

d0100880_9295114.jpg

いくら食べても肉が減りません。押し込まれているようです。
by nymirrorball | 2007-04-17 09:37 | レストラン
会社の近くに中々いける、天才的な魚のカルパッチョを食べさせる
オーナーシェフがレストランを開いたと言うので行って来ました。
ギリシャレストランですが、店の造りも、今までのギリシャレストランの観念を
覆すほどセンスがよく、料理に対する不安は一掃し、
ギリシャ料理がこう言うアプローチをするようになったのかと、
店内をキョロキョロしてしまいました。
そのコールド・メゼ(前菜)は、カルパッチョより厚く、刺身より少し薄く、
上品に切られ、ギリシャ特有の食材とハーブを使い、
創造性の挑戦を問いかけてくるような一品一品で久しぶりに興奮しました。

d0100880_1117568.jpg

真ん中一列の5つの小皿は
Raw mezeTuna—mastic oil, lemon confit, rosemary
Yellowtail—fennel pollen, ouzo macerated cherries
Taylor bay scallop—pomegranate gelee, pistachio vinaigrette, peppermint
Smoked sablefish—potato,pickled peppers,mint
Cobia—lamb shoulder terrine

手前一皿は同じく前菜で
tasmanian crab--sea urchin tzatziki, trout roe,chives

向こう側一皿は
botan ebi prawns-- tomato consomme, crumbled feta, spicy basil
(牡丹海老のこと)

主菜も文句なしに美味しかったです。

d0100880_11185268.jpg


John Doryと言う魚の料理です。
olive oil poached john doryと言います。
キャビア、モレルと言う茸、エシャロット、等に全体にバターナッツスクワッシュの
ブロスをかけてくれました。
by nymirrorball | 2007-04-09 11:20 | レストラン
ギリシャ食材のスーパーマーケットで一番大きいのはここですね。

d0100880_11194524.jpg


d0100880_11203849.jpg

後、一軒高級食材店があり、小さな食料品店はだんだん数が減って
いるように思います。

d0100880_11211364.jpg

ギリシャのオリーブオイルはすべての料理に使っています。
中華料理でもそうです。だから私の料理はイタ中(イタチュウ)と、
自分で言っているのはこれが原因かもしれません。
野味的な荒い味が好きなのです。

d0100880_11215190.jpg

アンチョビを隠し味に使うのもこのように新鮮なのが手に入るからです。
パスタにも隠し味が良く合います。
ここはオリーブオイルの石鹸の種類も豊富で御土産によく買います。

d0100880_11231941.jpg

このタコたちもサラダを作る時に重宝しています。

d0100880_1124658.jpg

Feta Cheeseは我々のお豆腐のように、料理には欠かせない食材のようです。

d0100880_1125924.jpg

食事の後のスイーツはとても甘いですね。松の実や胡麻、アーモンド、蜂蜜、
d0100880_11255028.jpg

クッキーと言うか御饅頭のようなのもあるし、
御馴染みのパイ皮に包んで蜂蜜にかかったのは
d0100880_11263385.jpg

昔はよく食べましたが、最近はやはりそんなに食べれるものではありませんね。

おかしな事にアストリアを深く知る前に二度もギリシャに旅をしています。
二週間ずつクルーズですが・・・。私の始めてのヨーロッパ方面の旅行はこの旅で、
ギリシャだったなんて縁を感じます。
by nymirrorball | 2007-04-08 11:10 | NY異国巡り
もう一軒は開業8年位で開業の時から来ています。
若いオーナーは愛想良くお客に話しかけて、店をアットホーム的に
くつろがせています。魚屋を経営しているのではないかと思うくらい
新鮮な魚を好みに焼いてくれます。グリルにしたり、鉄板で焼いたり、
ここも必ず食べるものが決まっていて、
d0100880_10155819.jpg

まず、3種類のDips, Potato& Garlic、Caviar Dip 、
Yogurt, Garlic& Cucumber Dip 、をオーダーして料理が
来るまでペチャクチャお喋りしながら、熱々のパンに載せて、
三つの味を楽しみます。これに関してはNY市内で
一番おいしいと言っても過言ではありません。
d0100880_10183363.jpg

私の大好きなシーザーズサラダもギリシャ風です。
d0100880_10162716.jpg

次がGrilled Sardines(一皿に8匹の鰯を食べるのは少し大変です。
今はまだ小ぶりですが、7月頃は大きいです。たっぷり、レモンが付いて
きますので満遍なく振りかけて食べます。)
付け合せのレモンで煮たポテトが魚を食べた口の中をとても
さわやかにしてくれます。

d0100880_10193843.jpg

Spaghetti with Seafood(clams,calamari, shrimpがごろごろ入っています。)
チーズとヘビークリームの微妙な組み合わせで全体を絡めているのですが、
焼きうどんを思い出すような時々無性に食べたくなります。

d0100880_10311510.jpg


デザートにお店からブレッドプリンに蜂蜜がかかったようなあまーいのが出ます。
by nymirrorball | 2007-04-08 10:20 | NY異国巡り
アストリアのレストランは行きつけが2軒あります。

創業35年のこのレストランはオールドグリックと言うか、
d0100880_9342490.jpg

d0100880_935740.jpg

古い伝統的な味でクリスマスだけ休みで年中無休、
ムサカ(なすびとひき肉の料理)がお勧め、目の前にいろいろ料理が見れるので
食べたいものがすぐ決まります。
d0100880_9353428.jpg

TAKE-OUTも同じキッチンから出ます。
入り口からオープンキッチンが続き、
d0100880_9362015.jpg

すぐTAKE-OUTをオーダーして受け取れます。
d0100880_937087.jpg

勿論奥にダイニングルームが続きます。
d0100880_9435469.jpg


                          つづく
by nymirrorball | 2007-04-07 09:46 | NY異国巡り
Astoria ( アストリア)クイーンズ区

マンハッタンから地下鉄だとN、W、ラインで10分、
車だとQueens boro橋を渡って左側を北に登って行くと10分位で
中心地の30th Ave.の地下鉄の駅に着きます。
d0100880_5561866.jpg
d0100880_5564837.jpg

Queens北西、イースト河沿いにある町、
1839年に毛皮商で一代を築いたJohn Jacob Astor( Fur Trader)
によって開発された町で、フェリーでNY市とAstoria Blvdを
行き来させ成功したニューヨーカーがアストリアの27th Ave.の
12th St.~14th St.に争ってマンションを築きコミュニティができ、
その後1869年にドイツ人のキャビネット製造業の成功者が
35th St.~ 50th St.に土地を購入して開発を行い German Town、
ドイツ街を作り、時を同じくして今のSteinway St.からEast River、
Astoria Blvd から北、をピアノの William Steinway( Piano Maker)が
土地の最北にピアノ製作工場を作り、工場の南に従業員、職人の住宅を建て
Villageを築きました。
d0100880_5575298.jpg

1933年に地下鉄がSteinwayとBroadwayにでき、1936年にTriborough Bridgeが
できManhattanとAstoriaが繋がり、第二次世界大戦後、
アストリアは最大のイタリア人街となり、
ギリシャ人は1965年以降に入り、1980年にはNY全市内の
1/3のギリシャ人が移り住んだそうで、1990年代にはアストリアの
住民の半分近くはギリシャ人となりました。St.Demetrious教会は
ギリシアの国外では一番信者が多いギリシア正教の教会だそうです。

今はそれに加えてコロンビア人、エクワドル人、グァナー人、中国人、
韓国人、ルーマニア人、インド人、フイリッピン人、ドミニカン人、
そして日本人が住んでいます。大きな理由として私が思うには他の町と
比べ物にならない位、魚屋と八百屋が多いからだと思います。
魚を食べる人ばかりが住んでいるようです。
ここ8年の間に日本人の若い人達が沢山住んできて驚いています。

そもそも私の料理遊びの原点はアストリアでの食材の買い付けからです。
d0100880_5585574.jpg

d0100880_5592685.jpg

1月には生の新鮮なウニが黒いイガイガのまま魚屋に並ぶし、
(彼らも割って生のまま食します。)
年中新鮮な魚を手に入れられるし、鰯、ヒラメ、鯛、鱸、タコ、イカ ・・・。

肉屋は仔牛、、ラム、特にクリスマス時期の賑わいはギリシャ人の
家の食卓に座りたい、と思わせるような位、熱心な男性買い物客でごったがえします。
ギリシャ人の家庭で食事する時、何度もしつこくおかわりを勧められます。
おかわりをすれば、料理を褒めていることになるのです。
d0100880_624221.jpg

d0100880_631618.jpg

d0100880_634415.jpg

d0100880_642183.jpg

(仔羊、一頭、$70で10LBくらい、あるそうです。おばさんが油の無いのを頂戴と、
一頭、買っていました。どう、切るのかとても興味ありました。頭も食べるのかしら?
魚の目のように、目は?今度の機会にはその人の家に付いて行こうと決めました。)
d0100880_64508.jpg

これは、なにでしょう?舌、心臓、脳、腸ですか?勿論、仔羊のです。
牛ではないのは小ぶりなので・・・。
d0100880_662227.jpg

この2店が隣り合わせの店が
私の20年来の行きつけの店です。

車でNY市に入る前に、店の前に車を止めて、肉、魚を仕入れ、
d0100880_681874.jpg

その先の八百屋で野菜類を仕入れ、NYに入ります。
d0100880_674028.jpg

そして、これらで金曜日にロングアイランドに帰るまで自炊、
時には友人と料理したりして、料理遊びに嵌ったのでした。


 
by nymirrorball | 2007-04-03 04:45 | NY異国巡り

海辺の散歩

朝起きると昨日とは違ってどんよりと雲が今にも雨雲になりそうで、
昨夕植えた夏用のグラジオラス、ダリア、等の球根の事を思えば、
うれしいことなのですが、今日は何して遊ぼうかを考えると急がなきゃ・・・。
まず、ランチのサンドゥイッチ用のパンを買う事と(例のジュースを飲むため)
d0100880_4142578.jpg

パンを買った、その足で今日の運動を終えようと、一番お気に入りの家から
5分のOyster Bay の海辺を歩く事にしました。
Oyster Bayは牡蠣の形をした湾で形が内湾になっていて、
丁度、丸い底辺のほうから、左側を沿って上がって行きました。
(牡蠣は取れません)写真を撮ったりして、何故か白鳥が泳いでいて、
d0100880_4154439.jpg

d0100880_4161487.jpg

お父さんに遅れつつも歩いていくのですが、左手は車道で先には素晴らしい
コネティカットが見える、ロングアイランド・サウンドの浜になっています。
その車道の左手に大邸宅が続くのですが、その内の一軒が庭に
ヤギとポニーをかっていて、ポニーは食事中でしたが、
d0100880_4172152.jpg

ヤギ君とは眼があってしまい、横から撮りたいのに何分も睨めっこになりました。
d0100880_418572.jpg

来週は望遠の付いたカメラを持参します。
そして、横で嘴がオレンジ色の鶏、何の種類か知りませんが、
孔雀を1羽加えて朝礼の最中でした。
d0100880_4184884.jpg

これも、来週ははっきりと撮ります。1時間ほど歩いて戻ってきましたら、
Canadian Goose の若者がつるんで泳ぎに出る途中に出会いました。
d0100880_4194283.jpg

人なれたもので、車道もマイペースで渡るので、
ここでは我々も気を長く車を止めてわたり終えるのを待つ、
これが我が街Oyster Bayです。
by nymirrorball | 2007-04-03 04:22 | ロングアイランド

イースターの前の週末

イースターの前の週末はわが町もイースターモードで
園芸店の中もスーパーマーケットの中もイースターの匂いと
人が次々入れ替わります。
d0100880_918856.jpg

d0100880_918467.jpg

d0100880_9191428.jpg

春がきたと、全身全霊で歩いているようです。
d0100880_9201290.jpg

私はこのスーパーが一番好きです。近在の物資をわんさかと
置いて歩くのも大変、レジも大変ですが、10年以上通っています。
d0100880_9203936.jpg

d0100880_9211231.jpg

まず、今日は何種類ものリンゴ、ピーチ、イチゴ、ネクタリン、
ハニーメロン、カンタロープ、グレープフルーツ、買い揃えて、
ジューサー遊び、ここなら沢山揃います。
いわし、鯖がきれいでした。ロブスター$7.95lb,
d0100880_923508.jpg

魚も普通のスーパーより新鮮で数多くあり、
d0100880_9221592.jpg

d0100880_9224292.jpg

d0100880_923797.jpg

やはり、沢山揃います。刺身には無理ですが、ブイヤベースの
材料が全部そろいます。この辺はイタリアンが多く住んでいる街です。
d0100880_9214487.jpg

デリーも豊富な品揃えです。いわゆる、チェーン店のスーパーは
行きませんが、個人経営の個性のある店は好きなのです。
型にはまっていないので・・・。

新鮮で品数豊富でとても安く嬉しいのです。だから込むのですが、
ちなみに大きなカンターロープ、ハニーメロンどちらも、2個で$3、
この店の経営のキーポイントが現金のみで
カードが使えません。でも、皆が行くのです。
by nymirrorball | 2007-04-01 09:27 | ロングアイランド